会長挨拶

「ロータリーファミリーの輪を広げ 友情をつむぎ人生を豊かにしよう」

第54年度会長 宮下 正明

会長エレクト:橋上 信久

副会長:中島 康夫

第54年度会長 宮下 正明
第54年度会長 宮下 正明

2019~2020年度

RIテーマ「ロータリーは世界をつなぐ」

第2600地区テーマ「ロータリーの魅力を広げよう」


本年度のRIテーマは「ロータリーは世界をつなぐ」、

ロータリーの奉仕を通じて人々が手を取り合い行動を起こすための

『つながり』を築いていきましょうとの年次目標に沿い、

また第2600地区標語「ロータリーの魅力を広げよう」とのガバナーを中心に各クラブ、

各委員会が連携して「地域社会で、自分自身の中で持続可能なよい変化を生むために、

人々が手を取り合い行動する世界」を目指し活動します。

 

ロータリーの目的は

「意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある」とされています。

 

この理念のもと、伝統ある飯田南ロータリークラブを更に柔軟に変化させ飛躍を目指すため

次のように考えました。

 

ロータリーの素晴らしさを多くの人に伝え、迎え入れられるための意識改革が大切です。

ロータリーは素晴らしい団体です。素晴らしい人たちの集まりです。

また自分の人生を豊かにしてくれる「スパイス」です。

クラブをより発展させていくには、既存会員の維持をしつつ入会を促進すること、

若手や女性会員の増加を図ることが大事になります。

クラブの在り方をより柔軟に、より多様な会員に魅力を感じ

若い職業人を入会に導くことが出来るように、本年度のクラブテーマを策定しました。


《行動指針》

①ロータリーを成長させるために、ロータリーの素晴らしさを多くの人に伝え、より組織的かつ戦略的な新しいアプローチで会員増強に取り組みましょう。

 

②人々が手を取り合って行動するクラブとして家族や友人、またプログラムや奉仕活動の参加者は皆、ロータリーの家族(ロータリーファミリー)として迎えましょう。

 

③満足のいく経験を得られるよう魅力ある活動を企画し、様々な機会を提供して積極的な関わりを促しましょう。


以上、当クラブをより柔軟に会員同士の交流を深め、

ロータリーに関わる皆さんとロータリーファミリーの輪を大きく拡大して、

飯田南ロータリークラブの老若男女の融合が図れるように、

役員・理事の皆様をはじめ会員各位の積極的なご参加とご協力、ご指導をお願いし、

そして有意義で自由なロータリーライフが送れるクラブに発展できるように

蒲幹事とともに頑張って務めて参りますので何卒よろしくお願い致します。